派遣・人材紹介・転職サイト比較のつぼ!

転職サイト 人材派遣
人材紹介 アルバイト

ランキング一覧

転職サイトランキング 2位以下はこちら

1位

パソナキャリア

パソナグループの中で、正社員に特化した転職支援を行っているのが株式会社パソナ パソナキャリアカンパニーです。設立は1988年ですが、実際に営業を開始しているのは1993年、本社は東京都千代田区にあります。正社員の仕事情報の80パーセントは非公開求人と言われています。パソナキャリアでは、この非公開求人も多く取り扱っています。

 

人材紹介会社ランキング 2位以下はこちら

1位

DODA(デューダ)

「働くを楽しもう」で有名な株式会社インテリジェンスは1989年創立の東京都千代田区に本社を構える総合人材サービス企業です。このインテリジェンスが運営する転職・求人サイトがDODAです。公開求人だけでも5000件の求人情報量を有し、様々な職種を網羅。どんな職種に就職したい人でも、DODA一つで、仕事が検索できるのがメリットでしょう。

 

人材派遣会社ランキング 2位以下はこちら

1位 リクルート派遣登録ネット

リクルート派遣登録ネット(リクルートスタッフィング)

派遣会社リクルートスタッフィングは、事務系、金融系、メディカル・バイオ系、IT系、営業系、販売・販促系、コスメ販売系、アパレル販売系など、幅広く仕事を紹介する大手派遣会社です。まずはスタッフ登録をしますが、登録予約はWEB予約ができます。実際の登録はリクルートスタッフィングに、予約した日時に出向き、適性検査やスキルチェックを行います。派遣スタッフひとりひとりに「営業」と「ジョブコーディネーター」が、さらにカウンセリング時には有資格者の「キャリアカウンセラー」が担当となってあなたのこれからをサポートしていきます。

 

アルバイト情報サイト 2位以下はこちら

1位 バイトルドットコム

バイトルドットコム

バイトルではアルバイトを探すときの「希望」や「条件」を考えて、いろいろな検索方法をご用意しています。長期/短期のアルバイトはもちろん、髪型/服装が自由なバイト・託児所があるパートなど、ライフスタイルに合わせて検索できます。

外資系の転職はこちらがおすすめです

JAC Recruitment

外資系、海外に強い転職エージェント

  • 業界・職種で検索
  • こだわり条件検索
  • 保有資格で検索

詳細はこちら

外資転職.com

日本最大級の外資系専門転職サイト

  • 非公開求人多数
  • 選べる転職スタイル
  • 転職ノウハウ

詳細はこちら

人材派遣について

派遣という雇用形態は今社会ではフリーター、派遣というのは同様のパートなどと同じような扱いを受けていても、やはり自分の自由な時間も欲しいなどという理由から派遣という立場で仕事のポジションを選択する方も多いかと思います。

 

しかし、最近ではグッドウィルという派遣会社での不正も記憶に新しいでしょう。

 

派遣会社では、個人的に何社か登録をしていた中で2社、会社の広告と実例が全く異なっていたという事実があります。

 

新聞広告の求人欄で、「即、東京で勤務可能」とありながらも、実際実費で多大な研修費用をかけたあげくに東京での勤務は無かったという場合ともう1つは派遣先の会社が摘発され派遣会社の本社(東京)に申告しなければ、危うく給与も支払われなかったという事例があります。

 

地方での契約の形態とその派遣先の企業、派遣会社の本社との連携が滞ってしまっている場合、いくら派遣で正社員とは扱いが違うから、といってもそこで実際に働く個人個人が、正当な認識を持って勤務をしなければ思わぬ大損をしかねないということです。

 

又、前項で述べたように即紹介されてもその企業というのは実際働いてみないとどういった会社なのかという事は予測できない事です。

 

安易に引き受けて無駄な苦労をしない様、派遣会社の選択というのは登録前にしっかりと確認しましょう。

転職について

転職サイトと人材紹介会社のどちらを経由して応募したほうが企業にとってよいのか?

 

転職サイトと人材紹介会社とで採用されやすいのはどちらか?

 

転職理由というのは、皆さんどういった判断で転職されるのでしょうか?

 

紙の上で、求人広告の上では、正当な事実が記載されていない場合も現代社会では大いにあり得る事です。

 

それは入社してからでないと解りえない事ですし、自分の適性というのも好きだけでは仕事と趣味は違うとはいえ、その境界線をも越えて給与、勤務時間、人間関係なども勤務している間に解り得る事実です。

 

それは、現場に働きに行ってみないと予測は出来ません。

 

その会社で常勤している会社色というのが自分にとって正当であるか不当であるか、またそれを自分を主観としてみた場合、不当であると感じているがリスクを伴いながらも給与面がそれに見合っているから良いかな?と仕方なく何となく仕事をするというのは何とも物悲しいというか仕事自体の効率も上がるわけはありません。

 

仕事の適正というのは過去の自分の経験に基づいて自分の適性というのがデータとして分析されるという場合もあるようですが仕事を選ぶというのは働く自分なのです。

 

全く逆境に飛び込んでみるというのもそれは挑戦かもしれません。

 

やる気は十分にある仕事もまじめなのに正当に評価されない場合もあるでしょう。

 

日々のニュースで名ばかり管理職や大手の会社の不正が話題となる中、転職は必ずしもネームバリュー、ステイタスが重要とは限らないと言えます。

 

新着!人材関連サイト:
徹底比較!人材紹介会社おすすめランキング【満足できる転職】
アルバイトの口コミ情報ならバイトトーク!


ウォーターサーバー人気ランキング
家庭用から業務用までのミネラルウォーターサーバーを、価格や口コミを元に人気ランキングで比較紹介。



レンタルサーバー比較
格安ホスティングから無料ホームページ等のレンタルサーバー比較サイト。