薬剤師の職場【病院薬局編】

薬剤師として働ける職場【病院薬局編】

ひとくちに薬剤師と言っても、職場によっては仕事内容がガラッと違うものがあります。

 

仕事内容も収入の面でも、とにかくそれぞれ異なるのが特徴なので、自分のライフスタイルや希望に合った職場を見つけることが重要です。

 

さまざまな情報を入手し、納得のできる職場を見つけ出しましょう!

病院薬局とは?

調剤薬局は外来の患者さんに対して薬を調剤したりする仕事ですが、病院薬局は入院している患者さんのために調剤などを行います。

 

以前までは外来の患者さんへの処方箋は病院内で担当していましたが、医薬分業が進んだことによって病院薬局では入院患者さんだけのために仕事をしています。

 

病院薬局の仕事内容は?

調剤薬局では事務的作業が多いのが特徴のひとつですが、病院薬局では入院している患者さんに対して服薬指導や注射などを行います。

 

病院では医師や看護師と比べると圧倒的に人数が劣るため、一人で受け持つ患者さんの数は必然的に多くなります。

 

また、時には病院スタッフの一員としてミーティングに参加することや、医師や看護師のように薬剤師でも夜勤や当直がある病院もあります。

 

過酷さはあるかもしれませんが、その分やりがいもあるといえるでしょう。