薬剤師の職場【調剤薬局編】

薬剤師として働ける職場【調剤薬局編】

ひとくちに薬剤師と言っても、職場によっては仕事内容がガラッと違うものがあります。

 

仕事内容も収入の面でも、とにかくそれぞれ異なるのが特徴なので、自分のライフスタイルや希望に合った職場を見つけることが重要です。

 

さまざまな情報を入手し、納得のできる職場を見つけ出しましょう!

調剤薬局とは?

調剤薬局は医師が発行した処方箋にもとづいて調剤を行う薬局のことです。

 

医師が発行した処方箋を持って訪れる患者さんに対し、調剤と服薬の指導を行います。

 

病院と同じように健康保険の対象となるので、別名を保険薬局ともいわれています。

 

また、薬局業務を積極的に地域医療へ貢献しており、なおかつ薬剤師会から認定を受けた薬局は基準薬局といわれています。

 

調剤薬局での仕事内容は?

調剤薬局ではただ単に薬を調剤するだけではありません。

 

初めて薬局を訪れた患者さんには住所・氏名などの聞き取りや、他に服用している薬の有無・過去の薬による副作用の経験などを確認し、それと同時に薬のカルテを作成しなくてはなりません。

 

もちろん、患者さんが持参した処方箋の確認も必要です。

 

その後、処方箋の内容をパソコンなどに入力し、金額を算出します。

 

そして患者さんに服薬指導を行い、ようやく会計となります。

 

このように、薬剤師だからといって調剤だけではなく、事務・接客的な仕事をしなくてはならないのがほとんどです。

 

いま、薬剤師に求められているのは知識だけではありません。

 

接客態度や事務作業の迅速さなど、あらゆる分野において経験を積んでおくとよいでしょう。