薬剤師の職場【ドラッグストア編】

薬剤師として働ける職場【ドラッグストア編】

ひとくちに薬剤師と言っても、職場によっては仕事内容がガラッと違うものがあります。

 

仕事内容も収入の面でも、とにかくそれぞれ異なるのが特徴なので、自分のライフスタイルや希望に合った職場を見つけることが重要です。

 

さまざまな情報を入手し、納得のできる職場を見つけ出しましょう!

ドラッグストアとは?

今や全国各地に広まっているドラッグストア。

 

薬や医薬部外品・衛生用品にくわえ最近では食品も取り扱っている店舗が増えてきています。

 

2009年に改正された薬事法により、薬剤師の資格を持っていなくても、登録販売者試験に合格した人であればたいていの医薬品の販売を行うことができるようになりました。

 

とはいえ専門性も必要とされるので、薬剤師の募集も多くなっているのが現状です。

 

ドラッグストアでの仕事内容は?

ドラッグストアでは購入者の症状を聞いたうえで薬を出したり健康相談に乗ったりという薬剤師ならではの業務のほか、店内商品の陳列や発注・管理業務も任されます。

 

ドラッグストアは病院や調剤薬局と異なり、深夜まで営業している店舗もあります。

 

そのため、勤務形態はほとんどがシフト制で、なかには店長職との兼任を行っている店舗もあるようです。

 

どちらかといえば薬剤師らしい業務よりも販売・接客業務の方が大半を占めるかもしれませんが、多くの人とのふれあいがやりがいを感じられるかもしれません。