薬剤師の職場【企業編】

薬剤師として働ける職場【企業編】

ひとくちに薬剤師と言っても、職場によっては仕事内容がガラッと違うものがあります。

 

仕事内容も収入の面でも、とにかくそれぞれ異なるのが特徴なので、自分のライフスタイルや希望に合った職場を見つけることが重要です。

 

さまざまな情報を入手し、納得のできる職場を見つけ出しましょう!

一般的な勤務先企業はどのようなところ?

企業薬剤師が勤務するのは製薬会社や医療機器・医薬品のメーカーなどです。

 

医薬品の開発や研究・検査・営業など、その企業によって業務内容は異なります。

 

 

仕事内容は?

業務内容はさまざまですが、よく知られているのがMRでしょう。

 

MRは医薬品メーカーの営業業務を行う仕事で、病院やクリニックを訪れて医薬品に関する情報を提供したり、もちろん自社の製品を買ってもらえるように営業も行います。

 

しかし、ただの営業・外回りを行えばよいというわけではなく、薬剤師だからこそできる薬の説明や副作用などのデメリット説明をはじめ、的を得た情報を提供することが求められます。

 

MRは基本的に資格は不要とされていますが、やはり知識が豊富で専門知識が高い薬剤師の需要は高く、魏京によっては独自の認定資格の取得を求められたりもします。

 

MRのほかにも治験が適切に実施されているかということや、症例報告書を確認するQCや、症例報告書をデータベース化するDMなどという職種もありますが、これらは薬剤師としての知識のほかにもパソコンのスキルや英語力・指導力も求められます。

 

いずれも薬剤師としての仕事がメインではないと感じるかもしれませんが、十分に資格を生かすことができるでしょう。